マンション 管理 会社

マンションの管理を会社に任せる場合、当然対応の良い会社に任せたいと思うでしょう。ですが、たくさんある会社の中から自分の理想とする管理会社を選ぶというのは、なかなか簡単にできることではありません。そこでここでは、理想のマンションを管理する会社を見極めるときのポイントについて紹介します。ところで、理想の管理とはどのようなことでしょうか。マンション管理の仕事といえば、住民とのトラブルの解決や賃貸の滞納問題の解決、空室をなくすための募集事業、マンション自体の修繕などがあります。つまり理想の管理とは、これらの仕事をよりこちらの希望に沿って行われること、ということになります。またそれは契約当時だけではなく、これから先もずっと変わらずサポートしてくれるような会社でなくてはなりません。では、具体的にはどのようなポイントを見れば理想の管理会社に出会えるのでしょうか。

滞納問題や空室をなくすなどの業務について

安定した賃料収入を得るためには、賃貸の滞納問題の解決力があるかどうかというのは大変重要です。通常、管理会社側が行う督促業務には期間が設けられています。その期間のうちは、督促を続ける義務がマンションの管理会社にはあるのです。相場は六か月ですが、中には三か月と短く設定しているところもあります。実際はその期間が終了しても督促を続ける会社は多いのですが、この期間は長いに越したことはないでしょう。また、安定した賃料にはいかに空室を減らすかということも重要です。そこで見ておくポイントは、その管理会社が地域に密着しているか大手会社なのかということです。大手会社であれば、宣伝力が高く空室状況も目に止まりやすいため、比較的空室によるロスを減らすことができます。しかし大手会社だと普段のサポートが遅い場合もあるため、そのあたりには注意が必要です。

マンションに住む住民やマンション自体のトラブルについて

また、住民とのトラブルへの対応の良し悪しもマンションの管理において大切なポイントです。素早い対応を求めるのであれば、大手会社よりも地域密着型の会社の方がよいでしょう。大手であれば、トラブルが発生した場合の対応が本部となることが多いためです。また、スタッフ一人あたりの物件管理数を見れば、どれだけ迅速に対応に当たれるかの判断材料になります。当然ながら、一人あたりの管理数が少ないほど迅速な対応が望めるでしょう。マンションの修繕に関することも見ておかなければならないポイントです。マンション設備に不具合が発生した場合、修繕案は誰が行うのかを確認しておきましょう。一級建築士や一級建築施行管理技士の資格など、そういった専門知識を持った社員が行うとなっていれば、修繕を安心して任せることができます。