ダイエットの基本について

Just another WordPress site


ダイエットの基本について

ダイエット 食事 記録

日々の食事をチェックし、記録に残すことにより、摂取するカロリーを自覚することができますので、それをもとに食生活を改善させ、ダイエットにつながります。

このようなダイエットをレコーディングダイエット法ともいいますが、やり方はいたって簡単になります。
自分の口にした食事をすべてメモに取り、体重と体脂肪を毎日同じ時間に測って記録するだけになります。
この際大事なことは、口に入れたものは、残らずすべて書き出すということになります。
チョコレート1つ、クッキー1枚、またジュースを1口飲んだだけでも記録として残すのです。
忘れないようにするためには、食べる直前か直後に、すぐに食事として食べた物などを記録することです。

そのためには、メモ用紙かあるいは携帯などを常に持ち歩き、常にメモを取るクセをつけることが大事になります。
ただし、この段階では、まだ食事のカロリーのことやその計算のことまで考える必要はありません。
ある程度、食事などを記録する習慣がついてきたら、次の段階として、ダイエットに向けて食べた物のカロリーをすべて調べて書き出す作業へと進みます。
このダイエット法は、やり方としてはカンタンなのですが、いちいち食事として摂取した物を書き出したり、カロリーを調べたりしなければならないので、それがちょっと手間取る作業となります。

ただし、記録するという作業を繰り返すことによって、普段何気なく口にしてしまっている“おやつ”など、ムダに食べている物などにも注意を払うことができ、
もちろんダイエットにつながると同時に肥満の防止にもつながります。

食事として摂取したもののカロリーは、サイトでいくらでも知ることができますので、そのままパソコンで記録することにより、後々整理しやすくなります。
さて、日々の食事を記録することにも慣れ、またカロリーを書き出すことにも慣れてきたら、いよいよダイエットのためのカロリー制限に挑戦しましょう。
ただし、ここで気をつけたいのは、ダイエットのため急激にカロリーをダウンさせてしまうことです。
それですとリバウンドの危険も出てきますし、また急激なダイエットは皮膚を弛ませ老化の原因ともなってしまいます。
カロリーダウンは、ゆっくりと時間をかけて、3~6カ月くらいの余裕をもってダイエットに取り組むのが良いでしょう。