ダイエットの基本について

Just another WordPress site


ダイエットの基本について

ダイエットの基本について

ダイエットといえば、やっぱり基本は「食べない」だと思います。
しかし、何の知識も無くむやみに食べなかったりすると体に良くありません。
ただ食べないのではなく食べる物に注意してみましょう。

外食やファストフード・付き合いで飲みに行ったりする人の場合
どうしてもカロリーオーバーになります。
これは揚げ物やフライ・焼き肉系の高カロリーな物が多いからです。
ファミレスのメニューやコンビニの弁当はほとんど1000キロカロリー前後かそれ以上です。
飲みに行けばビール1本で約250キロカロリーします
3本も飲んでおつまみ食べれば1000を軽く超えてしまいますね。
こんな食生活ではいつまで経っても痩せないでしょう。

そこで食べる物を変える工夫をします。
外食でしたら「そば」などのりしたメニューが有れば
そういったカロリーの低い物にすれば良いですね。

出来るだけお弁当は自分で作っていく等、
結果的に1日の総摂取カロリーが適正量に近ければ問題ない訳です。
また、1日3食は必ず取りましょう。

朝から沢山食べる人ってあまりいないと思います。
朝食抜きとかは良くありませんので何か口に入れる事くらいはした方が良いと思います。
相撲取りが太る為に1日2食で腹一杯食べると聞いたことがあります。
これはダイエット用語で言うリバウンドを利用しているのです。
リバウンドとは、ダイエットした後に体重が戻りかえって増えてしまう事を言います。
ダイエットでカロリー制限をする事で体が基礎代謝量を減らした所へ。
通常の食事に戻ると代謝が下がった所へ高いカロリーが入ってくる為にかえって太ってしまうと言う公式です。
こう言った事を考えてもカロリー制限は間食や夜食等のカットに留めてください。
あとは普段通りの私生活で意識的に体を動かす事を心がけるのが一番良いと思います。